子供から、ワキガの臭いがしてきたら、
是非、制汗剤を使ってケアしてあげましょう。

敏感肌にも使えるデオエースex+は子供に使えます。

子供の場合、第二次成長期を迎える小学校高学年ごろからワキガの臭いに気づくようになります。

多感な時期ですし、学校で嫌な思いをすることも考えられるので、早めに制汗剤を使ってケアするべきです。

私自身、子供時代ワキガの臭いを周りの人に指摘されて、ツライ思いをしてきました。

いつも身近にいる家族がワキガのケアの方法を教えてあげることはとても大事だと思います。

この記事では、効果的な制汗剤の情報・子供特有の問題などお伝えします!

子供のワキガにデオエースex+を使うべき理由

子供のわきがの悩みは大人よりちょっと気を遣う必要があります。
それは子供の置かれている特殊な環境によります。

① 学校という密で狭い環境。

② 狭い教室に何人も密集しているので、周囲に気づかれます。

③ また子供は素直なので、はっきり言います。

④ 部活動により、大人より汗をかきやすい。

⑤ 多感な時期なので、親に相談せず悩みを抱え込んでしまいます。


だから、親が上手くフォローすることがとても大事です。

わきがって、自分では臭いに気づかないことがあります。
だからこそ、親が最初にわきがの臭いについて指摘して、ケア方法を教えるべきです。

学校で、「あいつ、臭い。」と指摘される前に、親が先回りして臭いについて教えてあげましょう。

毎日歯磨きするように、ワキガのケアをすれば、臭いだって抑えらて、普通に友達と遊んだりできます。

デオエースは肌に優しい成分を使用しているので、使い方に気を付けて子供に使用してみるのもよいです。

↓ ↓ ↓
デオエースの使い方

デオエースex+を子供に使用する時の注意点

デオエースは、肌に優しい成分を採用したアルコールフリーの制汗剤なので、子供の肌に使用するのにおすすめです。

色んな制汗剤がありますが、中には、刺激が強すぎるものがありますよね?

例えば、デトランスaは塩化アルミニウム配合で効果は強力ですが、肌に刺激が強く、赤く腫れてしまったり痒くなってしまったり、トラブルがおこる確率が高いです。

その点デオエースex+は、子供に使用するには、ぴったりの制汗剤です。

★アルコールを使っていないから、かぶれにくい。
★塩化アルミニウムより刺激の少ないクロルヒドロキシアルミニウムが成分だから、肌のトラブルが起こりにくい。
★肌を保護してくれる成分も配合されている。



副作用が心配な方は次の記事を読んでみてください。

デオエースの副作用

子供って、朝はぎりぎりまで寝ていることが多いです。

デオエースex+は、夜の入浴後に使用します。
お風呂からでた後、髪を乾かすついでに使用すれば、朝慌ててデオエースex+を付け忘れちゃった!!なんてこともないです。


制汗剤デオエースex+を使用しながら、

1.毎日、お風呂に入って、清潔にする。
2.汗取りパッドを付ける。
3.汗拭きシートを使用する。
4.インナーを防臭効果のものにする。

この4点に気を付けていれば、臭いに悩むこともなく学校生活を快適に過ごせます。

汗拭きシートなどはどこでも販売されていて、今ではすごく身近なものだから、学校で使っても変に思われることもないです。

ワキガはいつ発症するの

わきがになりやすい性別は大人子供に関わらず、ほぼ男女比が一定です。
わきがのにおいが強く出る平均年齢は女性が16歳・男性が18歳と女性の方が少し早く発症します。

これは、女性の方が二次性徴が早いためです。
またわきがはホルモンが大きく影響しているため、生理になると匂いが強くなることもあります。

ワキガは遺伝する?

子供が10歳以下でまだ思春期を迎えていないのにわきがの匂いが気になる場合は、その原因はホルモンバランスの変化よりも「遺伝」が強く考えられます。

女の子の場合は7歳ごろから発症することもありますので、早めの発見とケアを心がけましょう。
両親もしくはどちらかの親がわきが体質であるのならば子供に遺伝する可能性が高くなります。

もちろん100%ではありませんので、わきが体質の方が親戚にもいないのに子供がわきがになることは非常に稀といわれています。

母か父どちらかがわきがである場合、約50%の確率で子に引き継がれ、両親どちらもわきがである場合は約80%程度の確率で子供もわきが体質になります。

ワキガだって、落ち込むことはないです!
日本には、いろんなワキガ対策の製品があります。

デオエースだってそう。
手術する方法だってあります。

子供が悲観することなく、前向きに生きていけるよう、親がフォローしましょう。